女性薬剤師の資格取得へのハードルが高くなってきた

薬剤師のイメージについて・・・。


薬剤師ときいてまず皆さんがイメージするのは、薬局にいくと非常にお世話になった薬剤師さんのカオではないだろうか。
薬剤師とは、一定の資格をもって薬学の研究および実務に従事し、意思の処方箋によって医薬を調合するほか、一般人に医療品を販売するものをいう。
その内容については薬剤師法および薬事法によって規制されている。
現行の薬剤師法は、薬剤師の任務、免許、免許の条件、薬剤師名簿、登録および免許証の交付、免許の取り消しのほか、届出、試験、業務、罰則などが定められている。

職業としての薬剤師

この薬剤師法によれば、「薬剤しは、調剤、医薬品の供給そのほか薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上および増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする。
」と総則でその任務が記されている。
また、その資格すなわち薬剤師になるためには、学校教育法に基づく大学(薬科大学または総合大学の薬学部薬学科)において薬学の正規の過程を修めて卒業したか、外国の薬学校を卒業したものに権利が与えられる。
そんな薬剤師さんは転職が多い職業としても有名なのです。

なぜ薬剤師になって転職したいと考えるのか

最近、病院でお薬をもらうことが減っていると感じます。
実際にかかりつけの病院でも処方箋を出して院外の調剤薬局へと案内されるようになりました。
大きな大学病院や総合病院の周辺には沢山の調剤薬局を見かけるようになりましたし、町のお医者さんの近所でも存在します。
チェーン展開しているドラッグストア内にも薬剤師が常駐していて処方箋を持って行けば他の生活雑貨の買い物と一緒に薬を出してもらえるようになりました。

数年の間に急激にこの流れになってきている気がしているのは私だけなのか。
そうでもなさそうですね。
それだけ調剤薬局が多くなっているのですから薬剤師の資格を持った人材は求められると多くの人が気がついています。
ですから、薬剤師の資格取得への道が少々ハードルが高くなったほどなのです。
ですが、少し調べてみるだけで薬剤師専門の就職サイトがすごく沢山出てきます。
真剣に考えることができる人はまず時間と学費を考えることから始めることになるでしょうが頑張って国家試験に合格し、有資格者になれば就職難は無縁のものになりますね。